安楽日記

気楽に生きていくために、投資と生活について書いています。

無印良品のお弁当箱を買って生活を整える

こんにちは。

アイオー・安楽です。

 

最近、私は「週に一度ものを買う生活」をしています。

mitibatacul.hatenablog.com

 

それでは、2021年10月1週目に買ったものを紹介します。

 

無印良品 お弁当箱

今週買ったものは、無印良品のお弁当箱です。

https://www.muji.com/jp/ja/store/cmdty/detail/4550002180966



このお弁当箱は、会社にお弁当を持っていくために、購入しました。

 

私は今まで、お昼は基本的に外食で済ませていました。

そんな生活を続けていると、支出が多くなったり、体重が増えたり、徐々に弊害が出てきたのです。

そのため、お弁当生活に切り替えた訳ですが、お弁当生活に切り替えると、下記のようなメリットがあります。

 

支出を抑える事ができる

私の職場の近くには、安いランチのお店がほとんどありません。

大体、一食1,000円ほどしてしまいます。

月の出勤回数が20回とすると、毎日のランチ代だけで20,000円以上かかってしまいます。

更に、食後のコーヒーやおやつを買ってしまうと、月に24,000円ほど使っている計算です。

 

これをお弁当に変えると、1食当たり300円ほどで済みます。

月で換算すると、6,000円です。

随分安くなりました。もう少し削って1食を200円にすれば、月で4,000円です。

 

これで、貯金を加速させることもできますし、可処分所得を増やすことで、好きなものを買ったり、遊びにいくこともできます。

 

食後に眠くならない

ランチに外食へ行ってしまうと、ついつい大盛りやご飯のおかわりをしてしまいます。

腹10分目まで食べてしまうのです。

満腹になるまでお昼を食べると、午後に猛烈に眠気が襲ってきます。

血糖値が爆上げされるからです。

頭ではこうなると分かっていても、いざランチに行くと、ついつい食べすぎてしまいます。

 

お弁当の場合、分量が予め決まっているので、食べ過ぎを回避する事ができます。

 

体重が減る

必要以上に食べてしまう回数を減らすと、当然、体重が減っていきます。

肥満は、万病の元です。

気をつけて生活をしなくてはいけません。

 

生活が整う

弁当生活を始めると、毎日きちんと家に帰ったらお弁当箱を洗わなくてはいけません。

この反復動作によって、規則正しい生活ができるようになります。

そして、上記のように、支出が整い、仕事のパフォーマンスが整い、体重も整ってくるのです。

なんとなく色んな事が整ってくる気がするのが、弁当生活です。

 

「弁当を作るのなんてめんどくさいよ!」という時は、米とレトルトカレーを持っていくだけでも十分なお昼になります。

これにコンビニのサラダを追加しても、1食300円で済みます。

 

お弁当生活を続けて、生活を整えていこうと思います。

 

生活や、読んだ本について、ツイッターで呟いていますので、フォローしてもらえると嬉しいです↓

twitter.com