安楽日記

人生を豊かにするための、生活と投資についてのブログ。

キールズの保湿クリームで肌を整える

こんにちは。

アイオー・安楽です。

 

最近、私は「週に一度モノを買う生活」をしています。

ここで買う「モノ」は、食べ物や消耗品のようなものではなく、「長期間使用するちょっぴり毎日のQOLを上げてくれるモノ」です。

 

週に一度だけ自分がほしいモノを買うことで、無駄遣いがぐんと少なくなります。

厳選したモノしか買わなくなるからです。

また、毎週「今週は何を買おうかな?」と、楽しみをもって生活を送る事ができます。

 

私はこの習慣を始めてから、衝動買いが一気に減って、お金がたまるようになってきました。またモノを買った後に後悔することがなくなりました。

 

それでは、2021年10月2週目に買ったモノを紹介します。

 

キールズの保湿クリーム

今回買ったものは、キールズの保湿クリームです。

ちょうど使っていた保湿クリームがなくなってしまった時に、ネットで見かけて買ってみました。

 

キールズは、170年前にニューヨークで調剤薬局として、創業したアメリカの会社です。

天然由来成分を配合したスキンケア製品を作っています。

 

どうしてこれを買ったのかというと、評判が良く、デザインが良かったからです。

いつも買っている保湿クリームと違ったものを買ってみようと思い、いくつかのコスメサイトを回ってみたところ、このキールズの保湿クリームが一番評判が良かったです。

 

私は今までは、ロート製薬の極潤のクリームを使っていました。

f:id:mitibatacul:20211010210116p:plain

極潤 ヒアルロンクリーム

これも悪くはなかったのですが、一つ気になる点がありました。

それは、パッケージのデザインがイマイチなのと、容器が少し安っぽい事です。

極潤は、安くてどこでも買えて良いのですが、いかにも「原価を抑えてます!」という感じがして、毎日使うたびにワクワクする感じはなかったのです。

 

モノに溢れた生活をしていた時は、あまり気にならなかったのですが、最近身の回りのモノを厳選していった結果、使っていて気持ちが上がるものだけを使いたいと思い、今回新しくキールズの保湿クリームを買ってみました。

この保湿クリームは、乳液と保湿クリームが一緒になったもののようです。

 

今までは、極潤の乳液と保湿クリームを使っていましたが、乳液を塗った後に保湿クリームを上から被せるのが、まあまあ手間でした。

普段のスキンケアの手間と時間の削減にもなれば良いなと思います。

 

値段はキールズの保湿クリームは、49gで4,400円です。

対して、今まで買っていた極潤の乳液(140ml)と保湿クリーム(50g)は、それぞれ808円と1,333円です。

それぞれ、同じくらいの回数使えると仮定すると、今までに比べて2倍ほどの値段差になってしまいました。

 

しかし、デザインの良さで毎日の気分が上がることに加え、毎日のスキンケアの手間が削減できるなら良いかなと思います。

効果も高そうなので、肌トラブルが減れば、一石三鳥です。

 

今回は、保湿クリームだけを買ってみたのですが、試供品も付属していました。

化粧水と保湿クリームが、それぞれ2回分ずつ入っています。

f:id:mitibatacul:20211010211009j:plain

試供品

早速、お風呂上がりに塗ってみました。

心なしか、いつもより肌の水分量が多い気がします。

肌のピリつきや違和感はないので、特に悪影響はなさそうです。

 

使い切った感想

4ヶ月ほど使って、ようやく使い切る事ができました。

1月あたり、1,000円ほどしかかからない計算なので、コスパは非常に良いと思います。

また、特に肌のトラブルもなく使えました。

しかし、良くも悪くも目立った肌質の変化はなく、乳液とフェイスクリームを別々に塗る手間が省ける点が、一番のメリットといったイメージでした。

 

購入を検討されている方は、ご参考にしてみてください。

 

私は、楽天で4,400円で買ったのですが、Amazonの並行輸入品が一番安かったです。

以前もこんな間違いを犯した気がします。楽天ユーザーの悪癖でついつい、Amazonの価格を見ないで買ってしまう悪い癖がありますね...。

 

と、思ったら楽天にも安いものがありました。

しかし、こちらは公式ではないので、ご購入される場合は、自己判断でお願いいたします。


 

 

日々の生活や、映画、読んだ本について、Twitterで呟いています。

フォローをよろしくお願いします!