安楽日記

生活、聴いた音楽、読んだ本について、書いています。

【HIPHOP】「どこまでいくと、HIPHOPに詳しい人と言えるか」を考えてみる

こんにちは。

アイオー・安楽です。

 

先日、マツコ会議でのCreepyNutsの発言に関しての記事を書いたところ、思った以上に沢山の方に読んでいただきました。

ありがとうございます。

 

mitibatacul.hatenablog.com

 

「お前HIPHOPに詳しいだろ」という批判

そして、CreepyNutsの発言の是非だけではなく、私の文章の内容についても、様々な意見をいただきました。

その中で、複数人の方から、「HIPHOPに詳しくないと言いながら、HIPHOPの知識を使ってCreepy Nutsを批判するのはずるい。この人はHIPHOPに詳しいではないか」という趣旨の批判を頂きました。

 

【HIPHOP】マツコ会議のCreepyNutsの発言に違和感しかない理由 - 安楽日記

「私はHIPHOPに詳しいわけではない」などと予防線貼っておいて、HIPHOPのシーンや本質について一席打つムーブはクソダサい。この人の言うセルアウトは認めない的な価値観自体が旧来的というかステレオタイプだと思う。

2021/11/17 13:18

b.hatena.ne.jp

 

【HIPHOP】マツコ会議のCreepyNutsの発言に違和感しかない理由 - 安楽日記

既に色々言われてるけど予防線張りすぎ

2021/11/16 11:12

b.hatena.ne.jp

 

【HIPHOP】マツコ会議のCreepyNutsの発言に違和感しかない理由 - 安楽日記

冒頭でHIPHOPに対して詳しくない、シーンを追えてないと書いてるのにDJ松永の発言はあまりにもシーンを理解していませんと識者っぽい批判してるの矛盾すぎてて読む価値ねぇなってなった。

2021/11/16 03:31

b.hatena.ne.jp

 

同様のコメントがまあまあの数あったので、一部抜粋したものです。

これは、記事の冒頭に私が書いた、下記の文章を指したものだと思われます。

 

私は、HIPHOPに詳しいわけではありませんし、正直Creepy Nutsの事も最近のシーンのこともあんまり追えていません。

自分の知っている範囲で、好き放題書いていることをご了承いただければと思います。

また、「これは違うんじゃないか」というご意見があれば、コメント欄等に書いていただきたいです。

 

これは、「ひょっとしたらHIPHOPに詳しい人なら違う見方があるのではないか?」という自分の考えへの疑問から、書いた文です。

また、私がHIPHOPに詳しくないことも事実だし、CreepyNutsの事もよく知らないので、読んだ方への「素人が書いているブログですよ」という注意書きとしての意味合いもありました。

 

正直、この文頭部分を指摘されるとは、考えていなかったので驚きました。

そして、上記のコメントを見れば分かるように、このようなコメントをする人は、私の冒頭の文を切り取って、その部分だけを指摘しており、主題にはほとんど触れておらず、批判のための批判に終始してしまっています。

 

私は、「いや、こうやって捉えることもできるんじゃない?」という反論は大歓迎なのですが、上記のような批判のための批判については、「読む価値ねぇな」と思っていました。

 

 

HIPHOPに詳しい」という誤解

先日の記事で書いたように、私は自分のことを「HIPHOPに詳しい」とは思っていません。

クラブには2年以上行っていませんし、新譜もほとんど追えていません。

特にUSのHIPHOPに関しては、無知もいいところで、1ヶ月前にHIPHOPを聴き始めたヘッズの方が詳しいレベルだと思います。

 

HIPHOP検定を受けても、半分も正解できません。

www.quizoo.jp

 

そもそも、これだけHIPHOPの中でもジャンルが細分化されて、毎日世界中で新しい曲がリリースされている中で、「俺はHIPHOPに詳しいです!」という人がいたら、それは嘘つきか、狂人です。

それだけ、今のHIPHOPシーンは大きくなってしまっています。

「CreepyNutsの知識だけは負けません!」くらいのかなり絞った範囲でないと、「俺は詳しいです!」と言える人は現実的にいないでしょう。

 

しかし、上記のコメントのように「HIPHOPに詳しくないふりをするな。予防線を張るな」という趣旨の意見があるのも事実です。

最初は、単なる揚げ足取りだと思っていたのですが、何人かのコメントをみるうちに、彼らは自分と比較して「HIPHOPに詳しい」という印象を抱いているのではないかという事に、気づきました。

「自分と比較してHIPHOPに詳しいから、この人はHIPHOPに詳しいはずだ!」という理論です。

恐らく、私の記事に未知の情報が記載されていたため、そう誤解してしまったのだと思います。

 

 

どこまでいくと、HIPHOPに詳しい人と言えるのか

それでは、どこまでいくとHIPHOPに詳しいと言えるのか?

これは、HIPHOPだけでなくあらゆるコンテンツや分野にも共通すると言えますが、どこまでいけば、「○○に詳しい」と自称できるのでしょうか。

 

無知の知」という言葉があります。

ソクラテスが言ったとか言っていないとか、言われている言葉です。

f:id:mitibatacul:20211117232919j:plain

ソクラテス

 

これは、「自分が無知であることを自覚しながら、生きていきましょうね」という言葉です。

私は、このマインドは非常に大事だと思っています。

「自分の方が知っている」と考えた途端に、他人から学べることはなくなりますし、簡単に足元をすくわれます。

趣味においても、仕事においても、常に「自分は何も知らない」と意識しながら、生活することが大事です。

 

また、これは自分への評価だけではありません。

他人への評価の際も「それっぽい事を言ってるけど、実は間違ったことを言っているんじゃないか?」と疑うことが大事だと思っています。

「この人は詳しいはず」と思って話を聞いていると、いつの間にかクソみたいな保険を売りつけられたり、損しかしない金融商品を買わされることは、ザラにあります。

詐欺師ほど、特定の分野に詳しいふりをします。

 

一般論的な結論に帰着してしまいましたが、「○○に詳しい」と自称することは難しいし、他人を簡単に「○○に詳しい人だ」と判断してしまうことは、危ないというお話でした。

 

 

HIPHOP、映画、読んだ本について、Twitterで呟いています。

よろしければ、フォローをよろしくお願いします!