安楽日記

生活、聴いた音楽、読んだ本について、書いています。

【ICL】眼内コンタクトレンズを受けると、1000万円分可処分所得が増えるという話

こんにちは。

アイオー・安楽です。

 

皆さんは、目が良いですか?

私は目が良くないので、普段はコンタクトを入れて生活をしています。

しかし、毎日のコンタクト代は積み重なっていくと、なかなかの出費になってしまいます。

 

私は、日々、可処分所得と可処分時間の最大化を考えて生活をしています。

毎日のコンタクト費用と、コンタクトの着脱にかける時間をどうにかできないかと、ずっと考えていました。

そして、近年日本でも広まってきた、眼内コンタクトレンズ(ICL)という手術を知り、これは「コンタクト代」も「コンタクトにかける時間」のどちらも節約できる!と思い、手術を受けることにしました。

 

手術自体は、しばらく後に受ける予定なので、今回はICLによって生み出される可処分所得と可処分時間について、考えていこうと思います。

ICLの術後に、実際の感想なんかも書いてみようと思います。

 

「ICLって何?」という方もいると思うので、本題に入る前に、まずはICLについて軽く説明させてください。

 

眼内コンタクトレンズ(ICL)とは

眼内コンタクトレンズとは、その名の通り、目の中にコンタクトを入れて、視力を半永久的に底上げしよう!という技術です。

 

下記の図が分かりやすいので、見てみてください。

f:id:mitibatacul:20211125065435p:plain

引用:https://forbesjapan.com/articles/detail/37524

眼内コンタクトレンズのメリットは、レーシックに比べて視力の戻りが少ないことや、角膜を削る必要がないので、レーシックにあるような副作用がほとんどないことです。

 

反対にデメリットは、レーシックに比べて費用が高額(40万〜80万円)な事と、術後にハローグレアという光の周りに輪っかが見えるようになってしまう事です。

しかし、ハローグレアはすぐに慣れてしまうようです。

 

ハローグレアは下記のような見え方のことです。

f:id:mitibatacul:20211125070502j:plain

引用:https://www.sankeibiz.jp/business/news/200208/prl2002081045004-n1.htm

 

上記のメリット・デメリットからわかるように、ICLにはほとんどデメリットがありません。そのため、最近は「お金に余裕があるならレーシックよりもICLの方が良い」という風潮になってきています。

 

眼内コンタクトレンズ(ICL)で可処分所得が増える

それでは、本題に入ります。

ICLの手術は、安くても40万円ほどする高額な手術です。

しかし、毎日コンタクトを使用している人であれば、十分に元手をとることができる費用です。むしろ、コンタクト代が浮くので、可処分所得が増えます。

この項では、私がICLをすることで、どの程度可処分所得が増えるかを、試算してみようと思います。

 

まず、私が受ける予定のICLにかかる費用は両目で45万円でした。

比較的、近視が軽度だったため、眼科の一番安いプランで間に合ったという感じです。

そして、ICLは医療費控除が使えます。

私の場合、10万円ほどは控除されるので、実質負担額は345,700円でした。

恐らく、多くの方が10万円近い控除を受けられるはずです。

 

そして、私が現在使っている1dayコンタクトは、月に3,853円かかっています。

かなり安い1dayコンタクトを使っていても、このくらいの金額がかかってしまっています。

年間で計算すると、46,236円が1dayコンタクトに溶けているのです。

 

単純に、ICLの実質負担額345,700円を、1dayコンタクトの年間費用46,236円で割ると、8年以下で元手が取れることになります。

 

 

そして、元手を回収したあとは、それまでコンタクトにかけていた46,236円分を自由に使えるようになるのです。

私は今、20代前半なので、元手を回収した後、50年生きると仮定すると、生涯で230万円近くの可処分所得が増えることになります。

これは、純粋に貯金していた時の金額です。仮にコンタクト代月4,000円を年利5%を50年間積み立て投資に回していたら、1000万を優に超えます。

1000万もあれば、ほとんどの高級車が買えてしまいます。

 

上記のことから、ICLは費用対効果を十分に得ることができる手術です。

 

眼内コンタクトレンズ(ICL)で可処分時間を得る

先述の可処分所得の増加だけでも、十分な費用対効果を得ていると思いますが、ICLには可処分時間を増やす効果もあります。

ICLは、手術をしたあとは、年1回の受診以外はメンテナンスフリーです。

そのため、日々費やしていたコンタクトの着脱や、コンタクトの残数を気にする時間がゼロになります。

 

仮にコンタクトの着脱にかける時間が1日2分だとしましょう。

1年で730分、60年で43,800分、時間換算すると730時間にもなります。

この浮いた730時間で時給1,000円の労働をすると、73万円もの金額になります。

 

時間労働ではなく、資格の勉強や副業に当ててもいいでしょう。

いずれにしても、73万円以上の価値が生まれるはずです。

 

このように、ICLを受けることで、可処分所得と可処分時間が大幅に増大されます。

金銭面だけでみても、この先8年以上生きるのであれば、損はしません。

私は、自分がこの先8年以上生きる可能性の方が高いと感じたので、ICLを受けることにしました。

 

皆さんも、興味がありましたら、お近くのICL手術を行っている眼科を調べてみてください。

 

サイドFIREや、映画、読んだ本について、Twitterで呟いています。

よろしければ、フォローをよろしくお願いします!