安楽日記

気楽に生きていくための、生活と投資についてのブログ。

生産終了したAppleのHomePodの素晴らしさ

こんにちは。

アイオー安楽です。

 

皆さんは家のスピーカーは何を使っていますか?

 

私は、AppleのHomePodを愛用しています。

HomePodはスマートスピーカーで、話しかけることで音楽をかけたり、その日のスケジュールを確認したり、アラームをかけたりすることができます。

また、スピーカーとしての性能も高く、非常に音が綺麗な上に、低音をしっかりと鳴らしてくれるため、HIPHOPのような低音が強い音楽を聴くのにも、ピッタリです。

クラシックやジャズのような音楽を聴く時にも、重厚感のある音を楽しむことができます。

映画の爆発音なんかは、映画館で聴くよりも迫力を感じるくらいです。

 

 

 

 

私はHomePodをベッドの近くに置き、朝昼晩フル活用しています。

朝は、HomePodのアラームで起き、ニュースと天気を確認し、ジャズステーションを流しながら仕事の準備をします。

仕事から帰ると、お気に入りのHIPHOPの曲を流しながら部屋の片付けをして、落ち着く音楽をかけながら、読書をします。

寝る前には、明日の起こしてほしい時間をHomePodに伝えてから、睡眠用のbgmを流しながら眠りにつきます。

 

上記のように、私は家にいる時には四六時中HomePodを使い倒しています。

 

しかし、大好きなHomePodが2021年に生産終了してしまいました。

 

なぜHomePodは生産終了してしまったのか

HomePodの生産が終了されてしまったのには、単純に「思っていたより売れなかった」からです。

HomePod自体は素晴らしい製品なのですが、消費者が求めるものよりも、スペックと価格が高すぎました。

 

Amazonのアレクサや、GoogleのGoogle Nestのような、他社のスマートスピーカーは1万円程度で購入することができます。

勿論、アレクサやNestは、HomePodのような、音の迫力や壁や人の位置を検知して、最適な音を届けてくれるような機能はありません。

音質も、HomePodの方が、はるかに良いです。

しかし、アレクサやNestは、HomePodに比べて圧倒的に安いのです。

 

HomePodは、3万円以上します。

オーディオ業界は、上を見れば価格にキリがありませんが、3万円というのは一般的な家用スピーカーの市場では、かなり高めの金額です。

しかも、発売当初は、3万8千円という4万円近くする金額で売り出していました。

何度も言いますが、性能は素晴らしく、価格に見合っていると思います。

しかし、高すぎました。

 

そこで、AppleはHomePod miniという安価な小型スピーカーをリリースしました。

Apple製のスマートスピーカーを求めている人は、これで十分です。

サイズの割には音も良いです。

HomePodと違い、HomePod miniは非常によく売れています。

HomePodは、社内からも社外からも、シェアを奪われていってしまいました。

 

HomePodの良さ

私はHomePodを初めてみた時、こんなにシンプルな形のスピーカーがあったんだ!と驚きました。

普通、スピーカーは高くなれば左右に分かれたスピーカーとウーファが分かれて、機能が増えると接続するパーツが多くなっていくものだと思っていたからです。

 

しかし、パーツが多くなるとその分コードが沢山必要になり、見た目が綺麗ではありません。

私は、家電から伸びるコードがあまり好きではないので、極力シンプルな配線のスピーカーが欲しいと思っていました。

そこで、円柱のスピーカーからコードが1本だけ出ているHomePodを見つけて、一目惚れしてしまったのです。

しかも、HomePodにはボタンすら1つもありません。

音量を調節するための、+と−のタッチパネルだけです。

 

私は、この思い切りの良いデザインに感動しました。

Siriに話しかける事で操作ができるため、操作するボタンは必要ありません。

 

声でHomePodを操作するのは、思った以上にストレスレスです。

割と小さい声でも拾ってくれるし、簡単な命令であれば聞き間違えることも非常に少ないからです。

私は、家に帰るととりあえず「HeySiriジャズを流して」と命令するのですが、HomePodはすぐにApple Musicのジャズステーションを流してくれます。

 

HomePodには、7つのツイーター(高音用のスピーカー)が内蔵されています。

そのため、部屋のどこにいても1台で最適な音を届けてくれます。

また、1つのスピーカーでステレオ再生ができます(意味がわからない)

 

AppleはHomePodを「空間を楽で満たす」ことをコンセプトに作っていましたが、そのコンセプト通り、どんな音を鳴らしても、非常に気持ちの良い音を鳴らしてくれます。

 

そんな、HomePodが生産終了してしまってとても悲しいですが、いつか復活してくれる事を切に願います。

 

2022/09/29追記

スピーカー一体型のプロジェクター、popIn Aladdin2を購入したことで、HomePodが不要になったため、手放しました。

HomePodの低音の鳴りの良さを忘れられないので、また買い直すかもしれません...笑

mitibatacul.hatenablog.com

 

生活や読んだ本について、Twitterで呟いていますので、フォローをお願いいたします!

安楽ライフ (@anrk_life) | Twitter