安楽日記

生活、聴いた音楽、読んだ本について、書いています。

【週1買物】 ウエルテックのコンクールFを使って、歯の健康を死守する

こんにちは。

アイオー安楽です。

 

あけましておめでとうございます。早くも2022年になってしまいました。

 

去年は、ブログの更新を増やしたところ、月間PV数も10万PVを超え、Twitterの合計フォロワーさんの数も2,000人を超えるなど、情報発信者としては嬉しい1年になりました。

見て貰えば分かる通り、私のブログは完全に雑記です。

特に何かの分野に特化している訳ではありません。

 

元々、文章を書く事が好きなので、自分が考えている事や今の環境を文章にすることで、客観的に自分を振り返り、より生活を良くするにはどうしたら良いか、より気持ち良く生きるためにはどうすればいいかを考える事が好きなだけです。

 

最近は、副業を目的として戦略的にブログを書いている人が多いので、その中で私のような自由気ままに書いているブログを読んでいただけるのは、非常に嬉しいですし、ありがたいです。

 

そんなわけで、2022年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

歯の健康を意識する

年末年始は、家にいる時間が多く、四六時中飲み食いしてしまいがちです。

歯磨きをする頻度も減り、虫歯になりやすい時期でもあります。

 

私は最近、健康に気を遣うようになってきました。

働き出してから、それなりにお金に余裕が出てきたので、去年からインデックスファンドへの積み立て投資を始めたのです。

インデックス投資は、堅実な投資手法である一方、効果が現れるまでに時間がかかります。

例えば、元手100万円が2倍になるには、年利5%で運用すると仮定すると、15年ほどかかります。

そして、23年後には300万円、29年後には400万円になります。

 

このように、インデックス投資は元手が大きくなるには時間がかかります。

そして、時間が経つごとにどんどん資産は増えていきます。

 

しかし、資産が増えたところで健康状態が最悪だったら、何の意味もありません。

お金があっても、お出かけができず、美味しいものも食べられないのでは、若いうちにお金を使い切ってしまった方が良いかもしれません。

 

そこで、私は健康に気を遣うことをしようと思いました。

なるべく人生のLTVを長くして、膨らました資産で不労所得ライフを満喫するのです。

 

そこで、週に1度だけモノを買う「週1買物」で何を買おうか考えた時、歯の健康に寄与するようなアイテムを買おうと思ったのです。

 

歯の健康はとても大事です。

歯が歯周病や虫歯でダメになると、全身が不健康になってしまいます。

歯がダメになると、肥満になりやすくなる事が様々な研究から明らかになっています。

そして、肥満は糖尿病等の万病の元です。

 

勿論、歯だけの健康に気をつけていれば良い訳ではありませんが、歯の健康なしには体全体の健康はないのです。

歯を健康に保つためには、歯垢をきちんと取り除く事が大事です。

歯垢とは、食べ物を食べたときに歯の表面にくっついている白い食べカスのようなものです。

歯垢をほったらかしにしておくと、歯周病の元になってしまいます。

 

歯垢を取り除くためには、歯ブラシによるブラッシングや、歯間ブラシによる歯の間の掃除をしっかりとする必要があります。

そして、口の中に細菌が増えないように、マウスウォッシュなどで口を濯ぐことが大事です。

 

コンクールF 薬用マウスウォッシュ

そこで、2021年49週目は、コンクールFというマウスウォッシュを購入しました。

f:id:mitibatacul:20220101142310j:plain

コンクールF 薬用マウスウォッシュ

このマウスウォッシュは、歯医者で使われていることもあるマウスウォッシュです。

虫歯の発生や進行・歯肉炎の予防・歯槽膿漏の予防・口臭の予防に効果があります。

 

家の近所のドラッグストアでは売っていなかったので、ECサイトで1,000円ほどで購入しました。

このマウスウォッシュの特徴は、濃縮液を水で薄めて使う点です。

通常、マウスウォッシュはそのまま口を濯ぐことができる程度に希釈されている商品が多いです。

 

一方、コンクールFは、水に原液を3滴ほど溶かして使います。

私は、最初、いちいち水に希釈するのは面倒そうだな...と感じました。

しかし、いざコンクールFを使ってみると、マウスウォッシュを希釈して使うことには、様々なメリットがあったのです。

 

コンクールFの優れているポイント

コンパクトなので場所を取らない

多くのマウスウォッシュは、アホみたいに大きな容器にたっぷりの液体が入っています。

洗面台に置くと、正直邪魔です。

そして、ほんの少ししか液体が残っていなくても、占有する面積は変わらないのです。

 

一方、コンクールFは非常にコンパクトです。

歯磨き粉と同じくらいの面積しか必要ありません。

コンクールFは薄めないと使用できないので、別途コップを準備する必要があります。

それでも、一般的な大きなマウスウォッシュの容器を置くよりも、占有面積は小さくなります。

 

ご参考までに、私の洗面台の中を載せます。

洗面台の棚の中にすっぽり収まる大きさだということが分かります。

コンクールFの横にあるコップを使って、コンクールFを希釈して口を濯いでいます。

f:id:mitibatacul:20220101144923j:plain

洗面台

 

コストパフォーマンスが高すぎる

コンクールFは、100mlで1,000円です。

一般的なマウスウォッシュは、数100円の商品が多いので、一見高く感じます。

 

しかし、コンクールFは希釈して使用するため、一度に数滴しか使いません。

そのため、一本で最大700回ほど使用できます。

今回、コンクールFを購入するにあたって、いくつか口コミを調べたのですが、中には1年経っても使いきれていない方もいました。

 

私は、コンクールFを買う前は、1リットルくらい入った大きなボトルのマウスウォッシュを使用していたのですが、1ヶ月ほど使うと無くなってしまいました。

コンクールFのコスパは非常に高いです。

むしろ、今まで買っていた大きなボトルの商品は、ほとんど水にお金を払っていたようなものなのかもしれません...。

 

寝起きの口のネバネバがなくなる

先ほど、コンクールFは歯周病の予防に効果があると書きましたが、細菌や小さな歯垢は目に見えないので、本当に細菌や歯垢が減っているかを確認することが難しいです。

 

しかし、体感レベルで、寝起きの口のネバネバ感が少なくなったのは分かりました。

今までは、寝起きに口の中がネバネバしている感じがあって、不快感がありました。

調べてみると、寝ている間の口の中は、雑菌が非常に繁殖しやすいみたいです。

そして、寝起きのいや〜な口のネバネバ感の元は、寝ている間に繁殖した雑菌が原因となっています。

つまり口のネバネバが減っているということは、口の中の雑菌の繁殖が抑えられているということです。

 

私は、寝起きの口の中のネバネバ感が嫌いだったので、これは非常に嬉しかったです。

そして、雑菌が繁殖すると口臭の原因にもなるため、口臭の抑止にも繋がります。

口臭があって良いことは何もないので、これも嬉しい効果でした。

 

先ほども記載したように、コンクールFは、1度購入してしまえば1年間ほど使うことができます。

年1,000円の投資で口内の健康と保って、朝の不快なネバネバがなくなるのであれば、非常に安いと感じました。

 

最近は、身の回りのモノをだいぶ整理したので、ガジェット系や衣服なんかは、必要なものが段々となくなってきました。

そこで、今回のような日用品の見直しを順次していこうと考えています。

この週に1回の買い物を通して、生活の質を段々と上げていこうと思うので、今後もお付き合いいただけると嬉しいです。

 

最後に、コンクールFの商品サイトを記載しておきます。

ご興味のある方は是非買ってみてください。

 

 

今回の内容について、ご質問等あれば、コメント頂けると嬉しいです!

 

 

ライフスタイルについて、Twitterで呟いていますので、フォローをお願いいたします↓

安楽ライフ (@anrk_life) | Twitter

 

こちらはHIPHOPや読書についての呟きがメインです↓

アイオー安楽 (@i_oanrk) | Twitter