安楽日記

生活や投資、聴いた音楽、読んだ本について書いています。

【STEPN】GST・GMTの暴落相場でも私がSTEPNから撤退しなかった理由

こんにちは。

アイオー安楽です。

 

最近、下落相場で辛い毎日を送っています。

その影響は、今まであまり仮想通貨の下落相場にも影響を受けていなかったSTEPNにも及び始め、一時はGSTが300円を切る局面もありました。

その際は、「いよいよSTEPNも崩壊するのではないか」という意見が多くなり、靴のフロア価格やGMTも下落を続けました。

しかし、現在GSTは300円後半まで回復し、靴のフロア価格も徐々に上がってきています。

 

STEPN崩壊ムードが高まり、撤退者も出ている中で、私の中でSTEPNを辞める選択肢はありませんでした。

他の仮想通貨銘柄はほとんどステーブルコインに変えて、損切りしていたにも関わらずです。

 

今回は、後出しとなってしまいますが、その時私が考えていたことをメモしておこうと思います。

今後、同じようにSTEPN相場が崩れた時に、STEPN自体が崩壊するのか、それとも市場の相場に巻き込まれているだけなのかを判断する基準になるかもしれないからです。

つらつらと書いていきますが、これは違うんじゃないか?という意見があれば、どんどんご指摘いただければと思います!

 

大前提

大前提として、STEPNはポンジスキームに近いシステムによって成り立っています。

厳密にはポンジではありませんが、ポンジだと考えた方が色々分かりやすくなるため、ここではポンジとします。

 

下記の記事で書いたように、ポンジから抜け出せる可能性はありますし、現在プレイヤー外からも資金が入ってきていますが、ポンジに頼っている部分が多いです。

ということは、新規参入者が増え続ける限りは先行者は稼ぐことができます。

mitibatacul.hatenablog.com

 

そして、先行者の中にはSTEPNで得た利益をレベルアップやジェムの合成など、何らかの形で再投資している人が多く、そういった行動はSTEPN経済圏外への資金の流出を減らす役割があり、エコシステムの持続化に役立っています。

しかし、今回のような下落相場で一気にプレイヤーが資金をSTEPN経済圏外へ持っていってしまうと、エコシステムは一気に崩れてしまうでしょう。

先日のLUNA騒動のような、シンプルなババ抜きゲーとなってしまいます。

 

そのため、STEPN経済圏が崩壊しないためには「新規流入者が増え続け、完全撤退者が少ない」状況が保たれなければいけません。

 

そのため、今回のような市場全体の下落に巻き込まれた時には、下記の指標を確認しておく必要があります。

・新規参入者の数

・完全撤退者の数

・GST、GMTの価格

 

新規参入者の数

STEPNの新規参入者の数は、下記のサイトで確認することができます。

このサイトを見ると、大きな下落のあった先週の段階でもそこまで新規参入者の数が減っていないことが分かります。

流石に、普段よりは少なくなっていますが、まだまだ許容範囲内でした。

ポンジのプールにまだまだ資金が流入している状態なので、GSTの価格の下落により薄くはなりますが、まだまだ利益を得られる状況だということが分かります。

dune.com

 

完全撤退者の数

上記のサイトで、SOLやUSDCの入出金額も確認することができます。

完全に撤退する人が増えると、当然出金額が多くなるはずですが、暴落したタイミングでも入出金額のバランスが大きく崩れてはいませんでした。

そして、TwitterやDiscordを見ても、多少の損切りをしている人はいても、完全にSTEPNを引退します!という人は多くありませんでした。

(更に引退した人の多くはその後戻ってきています笑)

 

あくどい人なら、「STEPNは滅びません!」と言いつつ、自分だけこっそり撤退してしまうと思いますが、STEPNは毎日の運動記録をシェアしている人が多いので、こっそり撤退してしまうと簡単にバレてしまいます。

今回の騒動で気付かされましたが、これはなかなかいい楔になっているな...と感じました笑

 

GST・GMTの価格

GST・GMTの下落率と、BTCやその他アルトコインの下落率も比較していました。

これらを比較すると、GST・GMTの下落率はBTCやその他アルトとの下落率とあまり乖離がなかったため、単純に市場全体の流れに巻き込まれているんだろうなあ...ということが分かります。

 

勿論、そのまま不安感が強まり、一気にSTEPNへの新規流入者と撤退者が増え、本来は伸びるポテンシャルがあったにも関わらず、市場の渦に巻き込まれてエコシステムが崩壊してしまう可能性もありますが、少なくとも下落率が連動している限りは大丈夫だろう、と考えていました。

 

上記の理由から、私はSTEPNを撤退することなく、いつものようにジョギングし、コツコツMINTを繰り返す生活を送っていましたが、数日経つと徐々に各種の価格が上向いてきたので、焦ってリタイアしなくて良かったと今では感じています。

 

インフルエンサーの方達の中には、アテンションを集めやすいという理由や、相場の流れを作って儲けたいという理由から、「STEPNはオワコン!崩壊するから逃げろ!」という人もいました。

STEPNだけでなく、インフルエンサーの中には扇状的な言葉を浴びせる人が少なくありません。

そうして、損失を出してしまう人は少なくありません。

しかも人の意見に踊らされてしまうと「あの人のせいで損失を出してしまった」と、他責思考に陥ってしまうため、自分の行動を改善することが難しくなってしまいます。

こうして、養分の輪廻に組み込まれていくのです。これに一回はまると中々抜け出すのは難しくなってしまいます。

 

そこで、自分なりのロジックを作って、自分の行動を決めることが大事になってきます。

自分で考えることで、思考のプロセスがはっきりしますし、仮に失敗しても改善点を見つけて、またトライできるからです。

 

STEPNを契機に仮想通貨や投資に触れた人は少なくないと思います。

いずれSTEPNが崩壊した時や、STEPNで得た利益を何かに投資しようという時、自分がよく理解できていないものに突っ込んではいけません。

すぐにコツコツ得た利益が吹き飛んでしまいます。

「これは絶対上がる!」「これは今売り時!」という分かりやすい、言葉に騙されないようにコツコツ勉強していきましょう。

 

最後に、投資や生活に対するマインドが非常に勉強になったので、最近読んだバフェットの本を紹介します。

彼のマインドを持っておけば、一瞬で資産を吹き飛ばすような大失敗をする確率はかなり減らせると思うので、非常におすすめです。