安楽日記

気楽に生きていくための、生活と投資についてのブログ。

CIOのモバイルバッテリーを買って、断線の悩みからおさらばする

こんにちは。

アイオー安楽です。

 

今回は、週1買物についての記事です。

 

週1買物について

私はここ数ヶ月、週に1回だけ買い物をする生活をしています。

この買い物とは、生活必需品や食品を除いた、嗜好品やすぐに必要ではない日用品の買い物です。

 

この習慣によって、週に1回だけ吟味したものを買うようになり、本当は必要ではない、無駄なものを買ってしまうことが、ほとんどなくなりました。

 

また、毎週「今週は何を買おうかな?」と、小さな楽しみを持って過ごすことができるため、精神的にもポジティブな効果が生まれています。

 

さらに、定期的に生活を見直す機会を設けることで、少しずつQOLを向上させることができるのです。

 

このように、週1買物には沢山のメリットがあります。

 

それでは、2022年25週に購入したものを紹介していきます。

 

CIO MagSafe対応モバイルバッテリー

今回購入したものは、CIOというメーカーの、MagSafe充電に対応しているモバイルバッテリーです。

引用:https://item.rakuten.co.jp/machinoomise/cio-mb20w-5000-mas/

価格は、5,000円ちょっとでした。

このモバイルバッテリーは、ワイヤレス充電に対応していて、MagSafeに対応している、iPhone12以降のiPhoneや、AirPodsPro、Apple Watchを充電することができます。

 

こんな感じで充電できます。

引用:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000233.000043212.html

 

最近は、MagSafe対応のモバイルバッテリーも増えてきましたが、Apple Watchを充電できる製品は少なく、5,000円という価格でこれだけの機能を実現できている機種は、CIOのモバイルバッテリーのみです。

(他は1万円近くするものが多い)

 

私は元々、13,000円くらいで購入したBelkinのモバイルバッテリーを愛用していましたが、機能面でいうと圧倒的にCIOのモバイルバッテリーに軍杯が上がります。

mitibatacul.hatenablog.com

 

購入した理由

そもそも、今回CIOのモバイルバッテリーを購入しようと思い立ったのは、Belkinで使っていた充電ケーブルが断線してしまったことが発端でした。

 

Belkinのモバイルバッテリーは、このように本体からケーブルを通して充電する必要があります。

 

モバイルバッテリーは、外で移動しながら使用することが多いため、充電ケーブルには負荷がかかってしまいます。

そのため、丁寧に使っていてもどうしても断線してしまう事は避けられません。

そして、その度にケーブルを買い替えていると、それなりにコストがかかってしまいます。

また、ケーブルを購入しに家電量販店等に行く時間も勿体無いです。

 

また、Belkinの充電器を使用するためには、私は次の3種類のケーブルを持ち運ぶ必要がありました。

 

・Micro USBケーブル:モバイルバッテリーへの給電用

・Lightningケーブル:iPhoneへの充電用

・USB-Cケーブル:iPadへの充電用

 

3種類のケーブルをいつも持ち歩いて、用途によってつけ外しをするのは、非常に面倒です。

下の画像のような、3in1のケーブルを購入してからは、少し楽になりましたが、断線のリスクがある中で高価な3in1ケーブルを頻繁に買い替えるのは、お財布に優しくありません。

引用:https://www.appbankstore.jp/article/?p=104311

 

そこで、断線したケーブルを買い換える際に、モバイルバッテリーそのものを見直そうということで、下記の要件に当てはまるモバイルバッテリーを探しました。

 

・Apple Watchが充電できる:これは不可欠

・MagSafe対応:ケーブルの種類を減らしたい$ワイヤレスでiPhoneを充電したい

・USB-Cで給電可能:ケーブルの種類を減らしたい

 

こんなに欲張りな機能のモバイルバッテリーがあるのだろうか...と諦め半分で探していたのですが、CIOのモバイルバッテリーが全て満たしてくれていたのです。

そのため、現在はUSB-Cのケーブル1本さえあれば、充電には全く困らない生活になりました。

 

仕事で使うPCもUSB-Cで充電ができるので、出張の際もわざわざ専用充電器を持ち運ぶ必要はありません。

 

公式ページでも紹介されているように、もっと充電アイテムが多い方は、下記の画像のようにかなり持ち物がコンパクトになります。

引用:https://item.rakuten.co.jp/machinoomise/cio-mb20w-5000-mas/

 

今後はUSB-Cに統一していくのが合理的

そもそも各メーカーが好き勝手に自社に都合の良い規格を定めていった結果、機種によって様々なタイプのケーブルを使い分けないといけない、消費者にとって優しくない状況になってしまっているのです。

しかし、近年はEUを始めとして、段々とUSB-Cへの規格統一が進んでいます。

www.itmedia.co.jp

 

今後、スマホを始めとした機器類はUSB-Cの充電に対応したモデルが増えていくと予想されます。

そのため、なるべくUSB-Cに対応した製品を使うことで、長期的にも様々な種類のケーブルを持ち歩く手間を減らすことができるのです。

また、仮にケーブルが断線してしまっても、主流になりつつあるUSB-Cのケーブルであれば、すぐに代替品が手に入ります。

段々品揃えが少なくなっている、MicroUSBのケーブルなどは、出張先や旅行先で断線してしまってもすぐに替えが手に入らない...という事になりかねません。

 

そういった点でも、モバイルバッテリーの買い換えを検討している方には、USB-Cで給電ができるCIOのモバイルバッテリーをおすすめできます。

 

使用上のデメリット

最後に、良い面だけではなく、使用する中で感じたデメリットを2点記載します。

 

・本体が熱くなる

ワイヤレスで充電する仕組み上、仕方のないことではありますが、充電時には本体がそこそこ熱くなります。

 

・iPhoneの充電には時間がかかる

MagSafeの高速充電には対応していないため、充電に少し時間がかかるのは気になりました。

しかし、モバイルバッテリーを装着して使っても、そこまで嵩張らないため、充電の遅さはそこまでネックになりません。

 

売っている場所

いくつかの家電量販店を覗いたみたのですが、CIOのモバイルバッテリーは置いていなかったので、ECサイトで購入する必要があります。

 

ワイヤレス充電は思っているよりも、ケーブルの着脱の手間が減ってQOLが上がるので、ご興味がある方は、是非お試しください!

 

また、スマホケースがMagSafeに対応してないから、ワイヤレス充電ができない!という方は、MagSafe対応のスマホケースがおすすめです。

mitibatacul.hatenablog.com

 

ご質問等ありましたら、コメント欄やTwitterのリプライにいただけると嬉しいです。

 

生活や、読んだ本について、ツイッターで呟いていますので、フォローしてもらえると嬉しいです↓

twitter.com

 

こちらはHIPHOPや映画についての呟きがメインです↓

twitter.com