安楽日記

生活や投資、聴いた音楽、読んだ本について書いています。

【投資】本業がある人は、今は投資しなくてもいいという話

こんにちは。

アイオー安楽です。

 

今回は、久しぶりに投資の話について、書いていこうと思います。

私は現在、ほとんどの資産を現金やステーブルコインで保有しています。

 

S&P500や、全世界株等のインデックスファンドは長期保有前提のため、ほったらかしていますが、それ以外のリスク資産はなるべく法定通貨やそれに連動したステーブルコインで保有しています。

その理由は、「今は仕込みどきではない」と考えているからです。

 

投資の原則は「安く買って高く売る」です。

今は、中長期的に見て、あらゆる金融資産が安くなり始めている段階です。

今でも「ビットコインは安いので買い時!」と言っている人がいますが、私はまだまだ下がると感じています。

 

そして、一見信憑性がありそうなチャートに魔法陣のようにお絵描きされた図を提示して「ここは割れないので仕込むべき!」という意見もありますが、それらは基本的に無視しても問題ありません。

後述する相場サイクルを意識するほうが大事だからです。

 

地合いが悪すぎる相場

ビットコインは現在、ナスダックの指数にほとんど連動しています。

引用:https://jp.cointelegraph.com/news/nasdaq-has-dotcom-crash-deja-vu-says-trader-as-bitcoin-correlation-rises

そして、ナスダックはアメリカのIT株、ハイテク株を集めた指数のため、アメリカの相場環境によって左右されます。

今は、株式相場の地合いは非常に悪いです。

インフレの抑え込みや、ロシアとウクライナの戦争などの問題が解決されないことには、長期的な上昇は難しいでしょう。

 

そのため、短期的に反発したからといって、「上昇トレンドに入ったかもしれない!」と飛びつくと損失を出してしまう可能性が高いのです。

こういった相場でリバったタイミングで飛びついて、ジワジワと資産を減らしていき、底を打ったタイミングには種銭がない...。なんてことがないように、今は防御力を高めて無闇に投資をするべきではないと私は考えています。

 

相場サイクルを意識しよう

幸い、相場には一定のサイクルがあるので、サイクルに沿って「安い時に買って、高い時に売る」を繰り返していけば、資産は増えていきます。

 

下記の図で言うと、今は逆金融相場です。

図に書かれているように、FRBの金融引き締めやドル高、逆イールドなどが発生していますよね。

引用:https://diamond.jp/articles/-/269614

FRBによる金融引き締めが続くと考えると、次の逆業績相場までは本当の「買い時」は来ないと考えられます。

逆業績相場には、上記の図に記載されているように、「FRB金融緩和」「ドル安」など、いくつかシグナルがあります。

また、この時期には企業のリストラや、賃金低下も進み、明らかに景気後退ムードが蔓延し始めます。

これらのタイミングで、うんと株や仮想通貨が下がったタイミングで仕込めば良いのです。

 

本業がある人は無闇にトレーディングしないほうがいいかも

一方で、「下げ相場であっても、ボラを利用してトレードで稼げばいいんじゃないの?」という方もいると思います。

勿論、トレードに自信があって現時点で稼げている方はいいと思いますが、「先物の意味って何?」とかそういうレベル感の方は、大人しくステーブルコインをステーキングをしておいたほうがいいと考えています。

 

そして、本業がある方や、投資以外の副収入がある方は、その収入を増やすように頑張ったほうが良いです。

時間的リソースや経験のある専業トレーダーと、本業の片手間でトレーディングに手を出した素人のどちらが勝つかは明白です。

さらに、相場が気になって本業が疎かになってしまっては、折角の本業の収入アップのチャンスを逃してしまうことにもなります。

そのため、今はポジションを持ちたくなる気持ちを我慢して、来たる仕込みどきに備えて、コツコツと種銭を貯めておき、「何を買っても儲かる」相場になってから、美味しい思いをするほうが楽に稼げるのではないかな?と思います。

 

勿論、GSTのショートや、LUNAショックのように勝率がかなり高いものに関しては、リスク許容範囲内で手を出してみてもいいと思います。

しかし、あえて触らなくても良い、難しい局面でわざわざポジションを持つ必要はありません。

トレーディング以外にも収入があるのであれば、「楽に勝てる状況以外ポジションを持たなくてもいい」というメリットを最大限に活かして立ち回りましょう。

 

人によって資産形成の方法は様々ですが、時間がかかってもローコストでちゃんと儲けたい方は、今は無闇に投資やトレーディングをするのではなく、地合いが良くなるまで待つのも一つの選択肢です。

 

ステーキングで確実に増やす

ただ、ステーブルコインで持っているだけはつまらないよ!という方は、取引所にあるステーキングを利用しましょう。

例えば、Binanceではドルに連動したBUSD・USDTを一定の金額(合計50万円くらい)まで年利10%でステーキングすることができます。

また、BybitではUSDCを一定の金額(2,000万円くらい)まで年利5.5%でステーキングが可能です。

ドル高の恩恵を受けつつ、利回りも得られるので低リスクで少しでも増やしたい方には非常におすすめの運用方法です。

 

私は、BinanceでBUSD・USDTを上限金額までステーキングしつつ、余った分はBybitのUSDCステーキングで運用しています。

これらはフレキシブルステーキング(いつでも引き出せる)なので、必要になったら別のコインに変えたり、ウォレットに移したりすることができるので、非常に取り回しもしやすいです。

 

私のブログを読んでいてくれる方は、Binance・Bybitどちらの口座も開設済みの方が多いと思いますが、まだの方は下記のURLより登録してもらえると嬉しいです(リファラル)

・Binance 

サイト:https://accounts.binance.com/ja/register?ref=372436238

招待コード:372436238

 

・Bybit

サイト

www.bybit.com

招待コード:Y92YEW

 

最後に、最近読んだ資産形成に関する本を紹介します。

年収が低くても「貯蓄率」を高めれば、FIREする年数には関係がないよ!という内容の本です。

今回紹介した相場サイクルに関する内容等書かれているので、資産形成の参考になるかもしれません。

 

 

ご質問等ありましたら、コメント欄やTwitterのリプライにいただけると嬉しいです。

 

生活や、読んだ本について、ツイッターで呟いていますので、フォローしてもらえると嬉しいです↓

twitter.com

 

こちらはHIPHOPや映画についての呟きがメインです↓

twitter.com