安楽日記

気楽に生きていくために、投資と生活について書いています。

フェイスケアは無印良品の化粧水・乳液がコスパ最強かもしれない

週1買物について

こんにちは。安楽です。

私は「週1買物」という習慣を続けています。

mitibatacul.hatenablog.com

今回は2023年4週・5週に購入したものについて、書いていきます。

 

無印良品 化粧水&乳液

今回購入したものは、無印良品の化粧水と乳液です。

私はこれまで、3,000円〜5,000円ほどの化粧水と乳液を色々と試していました。

なんとなく、それなりの値段のスキンケア用品を使わないと肌が荒れてしまうと思っていたからです。

 

しかし、去年の900円ほどのメラノCCの洗顔フォームを買った時に、値段が安くても良いスキンケア用品があることに気づきました。

mitibatacul.hatenablog.com

 

そこで、化粧水と乳液も今までよりも少し安いものに切り替えてみようと思ったのです。

「安価」「手に入りやすい」「敏感肌でも使用できる」「デザインがオシャレ」の3つを基準に、化粧水と乳液を探していたところ、無印良品の化粧水と乳液に出会いました。

 

・安価

無印良品の化粧水と乳液は、容量が大きいタイプでも、1,000円前後で購入することができるので、とても経済的です。

スキンケアにかけるお金が、今までの1/4ほどなることで貯金も捗ります。

・手に入りやすい

無印良品のフェイスケアは、無印良品の店舗に行けばすぐに手に入ります。

また、わざわざ店舗に行かなくても、業務提携をしているローソンでも手軽に買うことができるのです。

今までは、わざわざ通販で買っていたため、無くなったタイミングで手軽に入手できる点はとてもストレスが軽減されました。

 

・敏感肌でも使用できる

私はあまり肌が強くないため、刺激が弱くてベタベタしすぎないフェイスケア用品を使うようにしています。

アルコールなどの刺激物が入っているとすぐに肌が荒れてしまいますし、油分が多いベタベタしたものを使うと、油分が毛穴に詰まって肌トラブルの原因になってしまいます。

 

無印良品のフェイスケア用品には、用途に合わせて色々なシリーズが用意されています。

https://otonasalone.jp/122506/

そして、各シリーズの中にも、さっぱりタイプとしっとりタイプがあるのです。

そのため、自分の肌環境に合ったシリーズとタイプを選ぶことで、安価に適切なフェイス用品を選ぶことができるのです。

 

私は、敏感肌用のさっぱりタイプの化粧水・乳液を使っています。

 

・デザインがオシャレ

無印良品のフェイスケア用品は、容器がシンプルで主張が強くないデザインが良いです。

勿論、効果があるものを選ぶ事が一番重要ですが、ミニマルな容器にも惹かれて購入をしました。

https://www.muji.com/jp/ja/feature/healthandbeauty/985326

しばらく無印良品の化粧水と乳液を使用してみて、問題がなければ、このまま無印の商品をリピートしていこうと思います。

 

それでは、また来週、買ったものを紹介します。

 

前回の記事はこちら↓

mitibatacul.hatenablog.com