安楽日記

生活や投資、聴いた音楽、読んだ本について書いています。

【ガンギマリ】サウナで人生で初めて整ってしまいました

こんにちは。アイオー・安楽です。

 

土曜日、時間があったので、こんな本を読んでいました。

 

f:id:mitibatacul:20210823211608j:plain

サ道

 

茶道ではありません、サ道です。

サウナーな作者が、ひたすらサウナについて書いている本です。

 

最近、サウナーと呼ばれる、サウナ愛好家が老若男女問わず、増えています。

しかし、私はサウナに対して、「暑い!辛い!干からびる!」と、いう印象しかありませんでした。

 

何年か前、サウナ好きな先輩に無理矢理連れられて以来、何年もサウナには行っていません。

その時も、「サ道」に書かれているように、「サウナ→水風呂」というルーティンを繰り返していましたが、

暑いのも寒いのも苦手な私には、一体何が楽しくてそんなことをしているのか、さっぱり分かりませんでした。

 

ひたすら耐え難きを耐え、忍び難きを忍ぶ、一刻も早く過ぎ去ってほしい時間だったのです。

そんなことから、サウナに対して強烈な嫌悪感があり、温泉や銭湯に入っても近づきすらしませんでした。

 

しかし、「サ道」に描かれている人たちは、みんなめちゃくちゃ気持ちよさそうなのです。

というか、トリップしてます。

作中でも、「恍惚感がヤバい」「味覚が冴え渡る」など、マリファナを吸った時のような感想まで、出てくる始末です。

f:id:mitibatacul:20210823212411j:plain

トリップ

いやいや、そこまで気持ち良くなるもんですかね...と、逆に懐疑的になりました。

エナドリを「魔剤」とか「キメる」とかいってるのと同じようなノリで、

サウナーの人たちが「整う!整う!」と、大袈裟にいってるだけじゃないの?と。

なんだか気持ち悪いなと思ってしまいました。

 

 

しかし、あるサウナーの一言で、私は大嫌いなサウナに行ってみようと思ったのです。

それは、「前科おじさん」こと、高野政所さんです。

 

彼が、ピエール瀧が捕まった時、ニコ生の番組で、こんな事を言っていたのです。

 

「ととのった」っていうのは言い方を変えているだけ。あれはキマっているだけなんで。めちゃくちゃ熱いサウナに10分とか超耐えて、その後に水風呂に入って、それから外気浴すると意識が飛びそうになるんですよ。
「これ、キマってるわー!」っていう。大麻吸っていた俺が言うから間違いない。サウナはキマります!

 

どうやら、大麻とサウナは似た効果を得られるらしいです。

少し興味が出てきたので、サウナに行ってみる事にしました。

 

今回、お邪魔したのは、神奈川にある「竜泉寺の湯」というお店です。

 

 

どうやら、サウナには「ドライサウナ」と「フィンランドサウナ」の2種類があるようで、「フィンランドサウナ」の方が、サウナ室の湿度が高く、

サウナの嫌なヒリヒリ乾燥する感じがあまりないようなのです。

(90℃前後の室温がいいらしい)

 

また、水風呂の温度も17℃前後がいいようなので、その条件に合致するサウナ施設を選びました。

 

f:id:mitibatacul:20210823213925j:plain

竜泉寺の湯

竜泉寺の湯には、色々なタイプの温泉があります。

しかし、今回の目的はサウナ。温泉には目もくれず、体を洗って身を清めたら、

サウナに直行します。

 

「意外と辛くない...」

それが、サウナ室に入った時の感想でした。

全然耐えられます。むしろ汗がドバドバ出てきて気持ちがいい。

5分数えたところで、一旦サウナを退出。

 

掛け湯をして、水風呂に入ろうとすると、これがきつい。

暑いサウナは耐えられても、水風呂はハードルが高い。

しかし、我慢をして胸あたりまで浸かりました。

本来は、肩まで(頭まで浸かれるところは、頭まで)浸かるのが、

本来の作法のようですが、冷たすぎて無理でした。

 

そんなこんなで、数分水風呂を耐えた後は、「ととのいイス」へ。

f:id:mitibatacul:20210823214732j:plain

ととのいイス

「ととのいイス」とは、温泉でおっさんが腰を下ろしている、こんな椅子です。

「サ道」によると、この「ととのいイス」に座ってしばらく経つと、

めちゃくちゃきもちい「整った」状態になるらしいので、座ってみました。

 

座ってしばらく経つと....

なんだかめちゃくちゃ気持ち良くなってきました。

初めての感覚です。水風呂を入ったばかりなのに、「寒い」という感覚はありません。

めちゃくちゃ幸せな気分になってきて、ニヤニヤが止まらなくなってきました。

f:id:mitibatacul:20210823212411j:plain

整う

 

目は半開きで、何も考えることなく、放心状態が続きます。

 

ふと、右隣のおっさんを見ると、隣のおっさんはうなだれたまま、

ダンゴムシのように丸くなっています。

そして、左隣のおっさんは、仰向けで口が半開きになっています。

二人とも、死んだように動きません。

完全に、ガンギマリのダウナーになってます。

 

その状況が面白くて、更に笑いが込み上げてきてしまいました。

そして、自分自身も、温泉で裸のおっさんを見て、ニタニタしている、

ヤバいおっさんの仲間入りをしてしまっていたのです。

 

その状況が、また面白くて、しばらく放心状態でニタニタしていました。

5分ほど「ととのいイス」に座ってニタニタしていると、

段々通常の状態に戻ってきました。

 

これが、「整う」か!

真理が分かってしまいました。

 

今まで、不可解な行動をしているおっさんを沢山見てきました。

 

「ひたすらサウナと水風呂を行き来するおっさん」

「ととのいイスでダウナーになっているおっさん」

「水死体のようになっている、水風呂に沈みっぱなしのおっさん」

「露天風呂エリアの岩の上で、打ち上げられた死体のようになっているおっさん」

 

全てのおっさん達の行動は、「整う」に繋がっていたのかと。

全員が思い思いのスタイルで、同じゴールを目指していたのです。

 

そうすると、なんだか温泉施設が1つの有機体のように、思えてきました。

それに気づいた時、私も不可解な行動をするおっさんの一員になっていたのです。

 

新たな趣味を見つけた私は、それから更に2回「整って」から家路に着いたのでした。