安楽日記

気楽に生きていくために、投資と生活について書いています。

舌磨きをして、口臭ゼロを目指そう

週1買物について

こんにちは。安楽です。

私は「週1買物」という習慣を続けています。

mitibatacul.hatenablog.com

 

今回は2023年18週に購入したものについて、書いていきます。

 

無印良品 舌用クリーナー

今回購入したものは、無印良品の舌用クリーナーです。

値段は590円でした。

今までは他のクリーナーを使っていましたが、古くなってきたので無印の舌用クリーナーに買い替えました。

 

舌を磨かないと口が臭くなる

無印の舌用クリーナーを購入した理由の前に、まずは舌磨きがどうして大事なのか?について説明します。

 

舌には、放っておくと舌苔(舌にある白いやつ。「ぜったい」と読みます)が溜まっていきます。

この舌苔は、食べカス・唾液・口の中の粘膜が剥がれたものなどが混ざってできています。

 

舌苔は物凄く臭いので、放っておくと口の中が生ごみのような臭いになります。

どんなに歯磨き・マウスウォッシュ・歯間ブラシを頑張っても、下に舌苔が溜まっているだけで、「え、口臭!」と思われてしまうのです。

また、舌苔が溜まると舌が真っ白になってしまうので、ふと口内が見えた時に舌が真っ白だとドン引きされてしまいます。

 

健康面の理由でも舌磨きは重要です。

舌苔には様々な細菌が含まれているので、歯周病の原因になってしまう可能性があります。

 

「俺は一生人と話さないし、虫歯だらけになって早死にしたいんだ!」という狂人以外は、舌磨きをした方がQOLが上がるでしょう。

 

無印の舌用クリーナーの良いところ

私はこれまでいくつか舌用クリーナーを使ってきましたが、今のところ、無印の舌用クリーナーが一番良いと思ってます。

 

ヘラタイプなので舌を傷つけにくい

舌用クリーナーには、主にブラシ型(歯ブラシのように毛がついている)ものとヘラ型の2種類があります。

(下記の図には4種類ありますが、スクレーバー型とスプーン型はほとんど見かけることがありません)

https://www.wakamoto-pharm.co.jp/tips/oral-care/tongue-coating-brush/

ブラシ型は汚れを取りやすいのですが、舌を傷つけやすいです。

また、きちんとブラシ自体のお手入れをしないと、舌苔がブラシに残ってしまい、めちゃくちゃ臭くなります。

 

一方、ヘラタイプは構造がシンプルなので、お手入れがかなり楽。

指で軽く擦れば、すぐに汚れが落ちます。

そして、ブラシ型に比べて舌も傷つけにくいです。

 

サイズが小さいので使いやすい

無印のクリーナーは一般的なヘラ型クリーナーと比べて、半分程度のサイズ。

そのため、舌の奥の方まで磨けますし、口が小さい方でも使いやすいです。

私自身も、口が大きい方ではないので、これくらいのサイズが丁度良いです。

 

デザインがいい

これは毎度のことですが、無印の製品はデザインがスッキリしていて、使っていて気分が上がります。

ドラッグストアで見かける舌用クリーナーって、色がケバケバしかったり、余計な装飾がついているものが多いんですよね...。

 

他にもおすすめの舌用クリーナーがあれば、教えてください!

 

マスクを外して話すことも増えてきたので、口臭ケアはより一層気をつけていきたいですね!

 

前回の記事はこちら↓

mitibatacul.hatenablog.com